2002年07月28日

旭岳と姿見の池散策(7/28) Bグループ山行記(1/2)  折登一彦
昨年同じ頃、姿見の池を訪れた。良く 晴れた昼、旭岳の尾根を登る人の列 を見上げな がら、"次は登に来る"と 思った。
昨日のバスでは、かなりの雨に見舞 われたが、今日の天気には自信があ った。なんといっても晴れ男の土田さ んがリーダーである。南幌町から小柳 夫妻、小樽から平田、 小林,高橋さん の健脚3人組、札幌から土田奥さん、 私と家内と副リーダーの岩佐さ んの 10名のパーティーとなった。
姿見の池を6時45分に出発した。いい 天気だ。旭岳はやはり見たままの急 斜面、100%尾根登りだった。副リー ダーが後半スピードを抑 えてくれてい たけれど、1時間25分で山頂に立て た。2週間前に鳥海さんにトレーニング につれて行っていただいた手稲山の ガレ場に比べればかなり楽だった。さ すがに眺めはすばらしく、金庫岩を右 手にロープウエーを左に見下ろすと山 肌と赤みがかった稜線がブルーの中 に浮かび上がって右手の沼の平までく っきりと見渡せた。ひと休みして中岳 を目指し下った。間もなく足元不安定 な軽石状の滑りやすい急斜面が来 た。 
私も滑りながらも転げ落ちないように と頑張って皆の後を追ったが、気が付 くとさらに後方に奥様を助けて降りる 小柳さんのかいがいしい姿が目に入 った。下から見上げて待っている皆は "新婚さん"と囃していた。二人は右手 のお花畑に迂回したが、我々はその まま雪渓をすべりながら降りきった。 土田奥さんに尻すべりを挑戦したが無 駄だった。ビニールシートの扱いが見 事で技術も速さも敵わなかった。中岳 を越えて間もなく北鎮岳分岐点に来 た。
トップへ
トップへ
戻る
戻る
次へ
次へ