2003年06月08日

神居尻山(946m)山行報告(1/2)   土田 猛
神居尻山(946m)山行報
2003.6.8(日)

参加者: L土田(2)、折登(2)、小柳 (2)、持田、田中氏の計8人
日時 : 6月8日(日)/ 天候:晴れ  / 気温: ?℃(暑し)
時間 : 8時 Bコース登山口発→1 0時 B〜Cコース分岐→10時30分 神居尻山着→11時20分山頂発→ (タケノコ採りながら)→13時20分C コース登山口着→(ウド、ふき採り、休 憩など)→14時20分 現地解散

概要報告:
花見(酒盛りではない!)の好きな壮 年登山隊8人。
全員定時刻に集合、出発。マイヅルソ ウ、エンレイソウ、マシケレイジンソ ウ、ルイヨウボタン、イカリソウ達に励 まされて、歩幅の合わない丸太階段 の急登にあえぐこと1時間半。
急に視界が開けて残雪の増毛連峰が まぶしい。チシマザクラの名残の中に ムラサキヤシオ(紫八染)の鮮やかな 色がひときわ映える。
小休憩後、左に神居尻山頂、右下に 緑の大平原と青山ダムを眺めなが ら、心地良いそよ風を体に受けて尾根 上を進む。
ツバメオモト、カラマツソウ、ツマトリソ ウ、キジムシロ、ハクサンチドリが現 れ、鶯の歓迎までうけて、これからの 楽しい花見山行を予感する。B〜Cコ ースの分岐を過ぎると、コース最大の お花畑だ。
急峻な崖にしがみつくように咲くキクバ クワガタ、アヅマギク、チシマフウロ、 ミヤマオダマキ、ヒメナットウダイ、ヨツ バシオガマ、ハクサンイチゲなどの小 群落に歓喜の声をあげながら、あっと いう間に山頂到着。
10人前後の先客の下山で空いた山 頂でゆっくり昼食。食後、まだ歩き足り ずに避難小屋の後ろに残る雪渓まで 駆け足往復したつわもの二人がいた (誰でしょう?)。
トップへ
トップへ
戻る
戻る
次へ
次へ